Top > 住宅ローンの審査

住宅ローンの審査

図解はじめてでもカンタン!賢く選ぶ住宅ローン

 

住宅ローンはとても大きな金額になるため、融資を受ける際の審査は様々な基準が設けられていて、審査も厳しく行われます。

せっかく購入したのに、住宅ローンの審査に通らなかったという人も多くいますので、自分がどう判断されるかを知っておく必要があります。

住宅ローンの審査では、ただ年収が高ければ審査に通るというものではなく、数十年先も返済能力があるかどうかが重要になります。住宅ローンの申込時に年収が高い人でも、給与が安定していなければ審査が難しくなってきます。

住宅ローンの審査に通らない人の共通点として、勤続年数が短いということがあげられます。転職が多く、どの会社も短い期間で退社をしている人などは信用が得られず、住宅ローンの審査にパスしない場合があります。

クレジットカードや消費者金融の支払いが滞っている人なども、住宅ローンの審査が通らない場合があり、信用情報センターでの確認が行われます。カードなどのローンが滞っていなくても、負債比率が融資会社の基準を超えている場合は、住宅ローンの審査が厳しくなります。

住宅ローンの審査は、20歳以上で収入が安定していて、勤続年数が3年以上という条件が最低でも必要になります。

自営業や外国人などは、住宅ローンの審査が通りにくいという事がありますが、そういった人向けの融資会社もあるので安心です。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
住宅ローンの審査(2009年8月 7日)
住宅ローン控除(2009年8月 7日)
住宅ローン借り換え(2009年8月 7日)
住宅ローン諸経費(2009年8月 7日)
住宅ローン比較のポイント(2009年8月 7日)